蓼科山 ~初めての冬山~


深夜1時に東京を出発して白樺高原国際スキー場の駐車場についたのは、深夜3時半。
自宅からもってきた羽毛布団で氷点下の車中泊を乗り切る。

7時半起床。天気は快晴だ。

七合目登山口までは、冬季通行止めという話を事前に電話で問い合わせていたので
白樺高原国際スキー場の一番下から登ったのだが、いざ行ってみると通行止めではなく
ゲレンデを1時間のぼった登山口七合目にある駐車場まで行けたようだ。

車が3,4台ほど泊まっていた。

そこにちょうど登り始める3人組がいた。

いきなり登山口から地面は氷がはっているが、ところどころすべらない箇所を見計らって
アイゼンなしで登り始める。

登り始めて1時間半くらい発ったところで雪が降り始めると同時に、アイゼンが必要な傾斜があれわれはじめたので、アイゼンを装着する。

自宅で1,2度練習したかいがあって
初めてしにしては、手袋をしたままでもなかなかスピーディーにアイゼンを装着できたと思う。

標高があがるにつれて、徐々に風も強くなり気温・積雪共に環境は厳しくなっていく。
さらに頂上まで行くと、風除けになるものがいっさいないので強風。

さっさと山頂の撮影を終え、蓼科山頂ヒュッテのところで昼食となるカロリー名とを寒くならないよう地団駄を踏みながらすばやく摂取した。

本当は、湯でも沸かして暖かいラーメンでも食べようと思っていたが、とにかく動いていないと寒くなるので・・・。

 帰り道で気が緩んだのか、アイゼンでゲイターを引っ掛けてしまい新品のゲイターが破けてしまってテンションダウン。

大きな失敗はなかった初の雪山登山でしたが、道迷いや怪我などで身動きが取れなくなったことを想像するとぞっとする。

やはりビバークできる装備を揃えなければ・・・と認識させられる山行でした。









コメント

人気の投稿